基本情報Basic Information

沖縄本島から南に410km、飛行機では約1時間。
日本でいちばん南の島々、八重山諸島に石垣島はあります。
石垣島と周辺離島マップ、気候や島内での移動手段を紹介します。

石垣島マップ

八重山諸島の玄関口、石垣島は、サンゴ礁の海に囲まれ、山々がつらなる自然豊かな島。
島の南側に市街地がコンパクトにまとまり、サトウキビ畑やパイナップル畑、牛がのんびり暮らす牧場などが広がります。

八重山マップ

石垣島周辺には個性豊かな島々があります。 近くの島へ渡る船は、市街地南側のユーグレナ石垣島離島ターミナルから出航しています。

出航スケジュールは、船会社のサイトをチェック!

安栄観光

八重山観光フェリー

石垣島の気候、台風

亜熱帯海洋性気候に属する石垣島は1年を通して温暖な気候です。
5月頃から11月頃が台風シーズン。夏場は晴れが多いけれど、スコールのような急な短い雨も多くなります。
12月から3月くらいまで、冬はどんよりした天気が多くなります。冬は海風も強く、体感温度は気温よりも少し低くなります。

※気温は気象庁2020年データより。台風は石垣島気象台の300km以内に入った2011年~2020年の平均数。

※気温は気象庁2020年データより。台風は石垣島気象台の300km以内に入った2011年~2020年の平均数。

服装はこんな感じ

春(3月~5月) あたたかくなってくるけれど、北風が吹いて寒い日もあるので長袖はあったほうがいい。5月に入るくらいから気温は30℃近くに。5月は梅雨ですが、本土のようにしとしと降り続くような梅雨ではなく、晴れることも。
夏(6月~8月) 連日30℃以上の日が続きます。室内はクーラーが効いているのと、紫外線がとても強いので羽織もりのは持っていたほうがいいです。帽子やサングラスもお忘れなく。スコールのような、急な雨があります。
秋(9月~11月) 昼間は暑いけれど、10月頃から朝晩は冷えてくるので長袖が必要です。11月頭くらいまでは日中は30℃まであがるので海やプールで泳げます。
冬(12月~2月) 12月に入ると急に冷えてきます。海風が強く気温よりも体感温度は少し低いので、ジャケットや薄手のコートなどの厚着が必要。とはいえ、晴れると暑くなることもあるので、いつでも脱げるようにしておいたほうがベター。

石垣島への行き方

現在、石垣島へは空路のみ。主要都市から直行便が出ています。
那覇での乗り継ぎも利用しやすく、JAL、ANA便で石垣空港まで約1時間です。
南ぬ島石垣島は島の東海岸沿いにあり、離着陸時の景色も見ものです。

羽田空港から

JAL、 ANAの直行便で約3時間10分

成田空港から

Peach Aviationの直行便で約4時間

関西国際空港から

JAL、 ANAの直行便で約2時間25分
Peach Aviationの直行便で約2時間45分

名古屋空港、福岡空港から

季節により直行便の運航あり

島内の移動

レンタカー

たくさんのレンタカー会社があります。島を効率よく巡るなら、やっぱりレンタカーがおすすめ。

タクシー

空港、離島ターミナル、繁華街、大型ホテルには、タクシーが常駐していて便利。1日観光をしてくれるタクシー会社もあります。

路線バス

空港-市街地間は20~30分に1本ほど運行していますが、それ以外の路線は本数が少ないので注意。市街地のユーグレナ離島ターミナル近くに、東(あずま)運輸のバスターミナルがあります。